中部シンポジウム2019「ホリスティックに〝がん〟をみる」~命輝く、すべてを包括した医療~

・「がんのホリスティックアプローチとは」高橋 信雄(高橋ファミリークリニック院長)/河村 志保(看護師、生体療法士)
・「ナラティブ・ステージとしての〝がん〟」住田 まり子(ヒーリングセラピスト)
・「がん免疫療法の最先端とその役割」堀田 由浩(米国アリゾナ大学医学部統合医療学科アソシエイトフェロー)
・「がんと食」林 佳奈(管理栄養士、健康食品管理士)
・「終末医療におけるスピリテュアルケア」大下 大圓(ビデオメッセージ:飛騨千光寺住職)
・「寄り添いの限界」船戸 崇史(船戸クリニック院長、リボーン洞戸代表)

●と き:2019年 11月2日(土)13:00~16:20

●ところ:
JR尾張一宮駅/名鉄一宮駅構内 iビル 2階 大会議室(愛知県一宮市栄3-1-2)
●参加費:一般3,000円(当協会員 2,000円)【チケット制】

*参加申込みは以下ホームページ「申込みフォーム」から願います。
 申込みフォームに記入して正式申込みとなります。
 https://holistic-chubu.org/chubu-simpo2019/